35歳ガチフリーターが出会い系体験談を生告白!

35歳ガチフリーターの僕が出会い系サイトを使って女の子とえっちな出会いを成功させた体験談を生告白します!

今週の人気記事

PCMAX出会い系体験談!美人マッサージ師さんが緊張しすぎてドキドキw

      2015/05/07

PCMAXで知り合ったマッサージ師京子(27才)と泡々マッサージ

PCMAXでの出会い系体験談です。みなさん、女性マッサージ師と聞いたらどんなことを想像しますか?泡姫、エステティシャンなど、ちょっと淡い下心を抱いてしまいませんか?僕、敏夫は淡い期待をして出会ったしまいましたw

▲管理人愛用オススメ出会い系サイト

PCMAXで知り合ったマッサージ師京子(27才)と泡々マッサージ

日々、出会い系で新規女子を
釣りまくっている軟派な僕ですが、
特にPCMAXの女の子には色んな職業の娘がいます。

例えば、先日知り合ったのにマッサージ師さんなんてのがいました。

プロフィールにはこう書いてありました。
京子、27才、マッサージ師……まあ全て本当かどうかは分かりませんが、
そう書いてあったんです。

僕はその時、浅薄な考えで、
「マッサージ師」というのを泡姫か、
エステティシャンかという風に曲解して捉えて
メッセージを送ってみたんです。

前者の場合はエッチな
テクニックをタダで味わえると、
後者の場合はおしゃれ風な女をエッチな表情に
変える愉悦が味わえると期待して。

幸いにもメッセージは返ってきました。
2通目に「ラインでやり取りをしよう」と打つと、
了承してくれたので、そこからメッセのやり取りが始まります。
(出会い系で一番ワクワクするのは、こうしてメールが軌道に乗り始める時ですよねw)

しかし、そうやってメールをしてみると、
マッサージ師というのはどうやら泡姫でもエステティシャンでもなく、
きちんと整体の免許をとったプロだというから意外でした。

そういう資格があるということ自体、僕は初めて知りましたよ。

でも、送ってもらった写メも
キレーな顔をしていたし、「一応会ってみよう」と誘ってみる。

しかし、「その日は仕事」という風に
何度も断られたので、彼女会う気がないのかな……と
思って諦めかけました。

そんな時に、
これまた意外にも向こうから、
「今度の火曜日の夜なら会えるけど」というお誘いが!

そんな週の微妙な曜日をわざわざ選ぶくらいだから、
本当に仕事が忙しかったのでしょうね。

待ち合わせは彼女の自宅の最寄駅で、
僕は車でそのロータリーへ行きました。
 
 
「こんにちはー!ごめんね、道が込んでてさw」

「いえいえ、大丈夫ですよ。」
 
 
実際に見てみると、
えらく顔の整った美人さんでした。

しかし、愛想がない。
喋ってみても何か硬派な感じで、
可愛いというよりは体育会系のカッコいいお姉さんって感じでした。

夕飯を食べに行ったのですが、
僕が軟派な感じだから僕ばかり喋っていて、京子さんは
「ああ」とか「うん」とか相槌をうつばかり。

なので、彼女の家への
前まで行って送った時に聞いてみました。
 
 
「僕と一緒にいてもつまんなかった?!」

「いや、そんなことは…。し、仕事で疲れていたから。。」
 
 
という彼女の息遣いで、
僕は気づきました。彼女が口数の少なかったのは、
つまんなかったからではなく、ましてや仕事で疲れていたからでもなく、
緊張していたのです。

硬派な美人で結構キツイ目つきを
しているからそれまで気づかなかった。

ならここはたたみかけるのが得策と思い、僕はこう返しました。
 
 
「そっか。変な話だけど、マッサージ師はマッサージするばっかで、肩とかこるよねwよかったら今日は僕がマッサージしてあげるよw」

「え、いい……ですよ。」

「そんな遠慮されると寂しいよ。そりゃ京子さんはマッサージのプロで、僕は素人だけど。こういうのは気持ちが大切でしょ?w」
 
 
とかなんとか下手くそな会話でもたたみかけると、
京子さんはそれに従っていってしまうタイプらしい。

結局その後、マッサージのために
彼女の部屋にあげてもらう事になって、
さらに「僕のマッサージはお風呂じゃなきゃできないからさw」とか
テキトーなことを言って一緒にお風呂に入っちゃいました。

京子さんのおっぱいは大きかったです。
サイズは聞いても教えてくれなかったけれど、
とにかくマッサージの大義名分を果たすために揉んで揉んで
揉みしだいてやりました。

体育会系のカッコいいお姉さんの巨乳を揉んで、
その顔がだんだん女っぽく艶めかしてくる様はたまらないものがありますね。

石鹸で泡を立てると
さらにぬるぬると乳の感触が滑って、
その卓越した乳力が十分に堪能される。

当初あった泡姫のイメージも
あながち間違いではなかったかもしれません。

彼女は嫌がりもせず、
焦らす為に一度窘めるといった
そぶりすら見せませんでした。

多分、僕のようにふざけた調子で
言い寄ってくる男をいなす経験がなかったのでしょう。
男からすると、軽口を叩くのに尻込みしてしまうような麗人ですから。

あれから京子さんには2、3度しか
会えてませんけれど、メールは続けています。
でも、また仕事があいたら誘ってくれると思います。

こうゆう「美人だけど変わった女性w」と知り合えるのも、
PCMAXの良いところだなぁって思いました。

▼ピックアップ記事▼ オススメ出会い系サイトランキング

 - PCMAXの出会い体験談 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です