35歳ガチフリーターが出会い系体験談を生告白!

35歳ガチフリーターの僕が出会い系サイトを使って女の子とえっちな出会いを成功させた体験談を生告白します!

今週の人気記事

Sorry. No data so far.

ハピメで見つけた妖艶熟女と近親相姦プレイしてマジドキドキ出会い系体験談www

      2015/04/15

ハピメで見つけた妖艶熟女と近親相姦プレイしてマジドキドキ体験W

久しぶりに熟女の方と出会い系サイトを介して出会いました。44歳の妖艶な熟女の方だったんですが、息子に会えない寂しさから少しアブノーマルなエッチをしちゃいました。その時の出会い系体験談です。心して読んでくださいw

▲管理人愛用オススメ出会い系サイト

ハードル高めなアブノーマルセックスを体験しちゃったw

これ読んでる君、母親と近親相姦したことありますか?w

僕、ついに近親相姦初体験です。
バーチャルですけどねw

35歳にもなって実の母親と近親相姦だなんて
考えてみただけでも気色悪いが、仮想近親相姦ならできないことはないw

15年若い自分を想定し、
40代の熟女を母とみなして禁断の快楽に浸るんですw

これ、けっこう興奮しましたよ。
自分が会いたい女性はプロフ縛りで簡単に見つけることができますからね。

そのときの出会い系体験を書いてみようと思います。

もちろん、最初っから
近親相姦を意識して女性を探した訳じゃない。
たまたま出会った熟女とそうなっただけのことなのでそこらへんは誤解しないでもらいたいw

珍しく女性から僕にアプローチがあったのは
ある雨の降る寂しい夜だった。ときどき窓ガラスが風でガタガタ音たてた。
そんなときに目の前に現れたハッピーメールの恵美子さんは救世主のように見えたよ。
 
 
「息子が地方の大学に進学してしまい毎日1人で寂しい。母一人子一人の母子家庭だったもので、その寂しさはなかなか拭えないんです。
敏夫さんはなんとなく息子にイメージが似ているのでメッセージを送りました。ちょっとだけでいいから私を慰めてください。」
 
 
出会い系サイトのプロフじゃない
みたいだけど、44歳にしてはきれいな顔肌。
そして、たるみのない瞼。まるで美魔女みたいでした。
外に働きに出ている女性は何歳になっても綺麗なんですね。

そしてエッチな雰囲気のあるセミロングヘア。
すべてに妖艶熟女の魅力を感じたのです。笑ったらえくぼができるかもしれないなんて思いましたw

僕の好みはどっちかというと若い女性だけど、
そのときは彼女に魅せられたな。眠ってた感覚が呼び覚まされた感覚でした。

もちろんOKしましたよ。
文面から察して、エッチは確実だと思ったので。
割り切りかどうかはその時は知りませんでした。

千葉の本八幡駅で待ち合わせしました。
お茶飲んで軽くおしゃべりしてる間、恵美子さん始終僕の目を甘い目で見てたな。

僕を通して息子の面影を探しているのかもしれない。
 
 
「息子さんとなかなか会えないのはやっぱり寂しいですか?」

「母子家庭だったので。可愛くて可愛くて。高校生になっても一緒にお風呂に入ってたんですよw」
 
 
それはそれでどうかと思うけどなあw
いくら母子家庭でもそりゃねーぜwちょっと引いてしまった瞬間でした。

でも、妖艶な恵美子さんの目を見ていると、
何とか気に入られてエッチに持ち込みたいというスケベ心が働いて、
調子のいいこと言ってしまう僕。
 
 
「今日は僕を息子さんだと思っていただいて構いませんよwママのために何でもする僕になりますw」

「一緒にお風呂入っちゃいましょうか?w」
 
 
よくこんなことが言えたもんだw
自分でもあちこちむず痒くなるし、正直気持ち悪いw

本八幡駅近くのラブホテル。

「敏夫さん、今晩はなんか寂しい。ママのそばで寝てくれる?w」

バスタオルを体に巻いた恵美子さんが、
甘えるような目で寄り添ってきた。これはバーチャルの演技だってすぐに理解した。
 
 
「ママ、どうして寂しいの?w」

「雨が降ってて気分が落ち着かないわ。風の音で窓がガタガタするし。」

「だったら一緒に寝てあげるよw宿題済ませるからちょっと待っててw」
 
 
自分で言っててちょっと笑ってしまうが、
その時は息子を一生懸命演じてあげた。

そしてしばらくしてからベッドインw

恵美子さん、照明を少し落とすと、
バスタオルをスルっと取ってゆっくりベッドに入った。

妖艶なお尻がいやらしかった。体を横たえたとき、
プルンッ!と乳が揺れているのを見逃さなかったw
 
 
「ママ・・僕も寂しいw」
 
 
自宅の窓の寂しい音を思い出した。
不思議なことに、僕もだんだんその気になってきちゃったんですよね。
高校生の自分に戻った気分でした。
 
 
「敏夫さん、今日はオナニーしなくていいの??」

「え?」

「手伝ってほしかったらいつでも言うのよ。我慢したら体に毒よ?」

「う、うん・・・じゃあ手伝ってw」
 
 
本気でドキドキ。
こんな疑似体験生まれて始めてだw

一瞬そんなことを考えてたらフェラされてた。
プチュプチュ クニュクニュとスケベな音がする。

ぁぁぁぁ!! 
気持ちイイ~!!

年上の女性にしてもらうフェラは格別に気持ちイイ!
慣れているというのか若い子にしてもらうフェラよりもネットリしているしすごく丁寧に舐めてくれました。
相手を尽くそうとする気持ちが現れていましたね。

垂れ下がった豊乳に手をのばして揉みしだきます。乳首を摘んで刺激を与えます。
 
 
「うっ・・・・あぁん・・・ぁあん。」

「敏夫さんもママのアソコに挿れていいのよ?」

「うん。挿れたいw」

「ママがハメてあげるわね。」
 
 
騎乗位でぬるぬるマ○コにハメる恵美子さん。
ニュルっと吸いついてくるヒダ肉はなま温かく、締まりもよかった。
 
 
「うう・・ママ。気持ちいいw」

「ぁあ!ズボズボ入ってく…ぁあんあっ!」
 
 
激しく腰を振るもんだからたまりません。
ぷるんぷるん揺れる乳をモミモミしながら、ぐっと射精をこらえたけどだめだった。

そのまま騎乗位の状態で思い切り射精しちゃいました。

疑似体験とはいえ母親とセックス
するってのはこんな感じなんだろうか。
バーチャルだけど、近親相姦の快楽を実感したよ。

母と子だからな。
心のつながりは深いし、信頼関係抜群だし、
マジになってセックスしたらスゴい快感なんだろうなw
 
 
「敏夫さん、また会えるかな?」
 
 
2回戦に及んだセックスのあと、
ブラを乳にはめながら恵美子さんが甘い口調で問いかけた。

丁重にお断りしちゃいましたw
僕の性欲がカラッカラになった瞬間に一気に冷めたといいますか…
こういうアブノーマルプレイは1回きりでいいかなと思ってしまったんです。

社会勉強じゃないけど、1回やったら十分でしたw
性癖って人それぞれなので、こういう趣味がある人ならまた会いたいって思ったんだと思いますが、僕はもうお腹いっぱいでしたw

帰宅途中、ハッピーメールのピュア掲示板で若い女の子の書き込みを見てメールしてたのは内緒ですwやっぱり若い子の方が僕には合っているのかなぁ~なんてねw

▼ピックアップ記事▼ オススメ出会い系サイトランキング

 - ハッピーメールの出会い体験談 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です