35歳ガチフリーターが出会い系体験談を生告白!

35歳ガチフリーターの僕が出会い系サイトを使って女の子とえっちな出会いを成功させた体験談を生告白します!

今週の人気記事

ハッピーメールのアラサー銀行OLの処女を頂いちゃいました!w

      2015/04/11

ハピメのアラサー銀行OLの処女をいただきました

最近はアラサーでも処女の人が結構いるみたいですね。男の僕からすると処女!って聞くとお相手願いたいと下心丸出しになってしまうんですが、他の人はどうなのでしょうか?ハッピーメールで知り合ったアラサー女性との出会い系体験談です。

▲管理人愛用オススメ出会い系サイト

アラサー銀行員と思い出のファーストエッチ!w

最近の処女情勢はわからないけど、
ある情報筋では二局化が進んでいると言う話ですw

早く捨てる子はかなり早い。
13,14辺りで卒業する子も珍しくないみたいです。

僕が13,14辺りは鼻水垂らしながら虫網振り回してましたけどねw
そして遅い人は遅いらしい。30過ぎた処女も少なくないらしいんです。

だからハッピーメールで知り合った
恵さんが29歳で処女だとわかったときも
ことさら驚かなかったですね。

何か事情があってその年まで守ってきた
(守らざるを得なかった)んでしょうね。

問題は、なぜ守り続けたその処女を
僕なんかに捧げたのかが問題です。その理由は、未だにわかりません。

彼女は都内のメガバンクにつとめる銀行のOLでした。
出会い系に登録したのも、軽い暇つぶしだったみたいですね。

仕事がお堅い仕事なのでストレスがハンパないし、
思い切り発散したいと言ってたんです。
僕の出会い系あるあるなんですが、少しお堅い仕事をしている女性はどこかで思い切りうっぷんを発散したい願望が強い傾向にあります。
ただ、仕事がお堅いので表だってそんなことは出来ないから出会い系サイトに登録して個人間で楽しむ。そういう女性が多いですね。

僕が過去に出会った、看護師さんや女教師なんかもやっぱりそうでした。
学生やOLさんみたいに表立ってストレス発散できないから出会い系サイトで肉体的に発散できる男性を探す。

これなら誰にバレるわけでもないし、誰にも迷惑はかかりませんからね。

そういう意味でも看護師さんや女教師、
銀行員や公務員などのお堅い仕事の女性が出会い系サイトに登録している率が高い理由が合致します。
 
 
「家にいてもスマホでラインばっかしてるし、外に出て遊びたいなって思ったんです。でも彼いないし、いっそ出会い系で知り合っちゃおうかなって思って。どなたか遊びませんか?」
 
 
お堅い仕事をしている女性はどこかで気持ちを解放したい願望がある!
そういう女性心理を理解していたのでどう攻略したらエッチできるのか、僕には既に分かっていました。

恵さんは、丸顔で清潔そうな女性でした。
僕より年下ですが、年齢も近い分話もしやすかったし親近感が沸きました。

銀行はストレスがたまるところらしく、
僕みたいなガチフリーターと話してると気が休まるとまで言ってくれたんです。

 
 
「敏夫さんみたいな人、銀行には絶対いないw」

「褒められてんのか、けなされてんのかわからんなw」

「褒めてもないし、けなしてもいないよw事実を伝えただけw」
 
 
と目を細めて笑う。

こんな素朴な人を奥さんにしたら幸せだろうな、なんてふと考えてしまったw
 
 
「エッチしたい!!w」
 
 
と切り出したのは3回目のデートの時でしたw
渋谷でお酒を飲んだ勢いで言ってしまったんですw
 
 
「エッチ?アルファベットのエッチ?!w」
 
 
ととぼけたような目をする。
 
 
「そうw英語でエッチwフランス語ではアッシュと呼ぶw」

「詳しいのねwフランス語できるんだ?」

「ジュテームくらいかなw」

「私、大学の時フランス語専攻だったのよ。そういえばあの頃・・・」
 
 
とはぐらかされて話はどんどんエッチから遠ざかる。
でもさっきと表情が変わったのを僕は見逃さなかったw

明らかにお酒の酔いではなく頬が急に火照ってきたし、瞳がトローンとしてきてた。
その表情の明らかな変化はお酒じゃないことくらい鈍感な僕でもすぐ分かりました。
 
 
「だから、エッチしようよw」
 
 
と話を戻す僕。
 
 
「私のこと、好き?」

「嫌いじゃないから、好きなんだろうなw」

「ほんとに好き?w」

「好きだよw」

「じゃあ、いいかなぁ?w」

「いいかなぁって、エッチOKってこと?w」

「…うんw」
 
 
恵さんの顔がひきつってるから、僕もひきつった。
もしかしてまずいこと言っちゃったのかな?冗談半分、本気半分くらいで言ったつもりだったんだけどなw

まともに目を見れなくなった。
僕もわけもなくドキドキしてきてました。
 
 
「あのね、私初めてなんだ…。」
 
 
ベッドインしたとき、そう告白した。
 
 
「始めてって、セックスが?w」

「うん。。」

「処女?w」

「そうだよ?いまどき珍しいでしょw」
 
 
最近の処女情勢を思い出す。
 
 
「そんなことないよ。早い人は早いけど遅い人は遅い。そんな時代だよw」
 
   
そっと抱き寄せて唇を奪い、
下垂型の乳を持ち上げるように揉むと
胸を隠すように身を引いたけど、乳首を摘んだら抱きついてきた。
 
 
「ぁ…ぁん・・・あんッ」
 
 
泣きそうな顔で唇を押しつけてくる。
 
 
「好きかも…好き好き。。」
 
 
本気にさせてしまったのか?!
恵さんからそんなに好かれてる気はしてなかった。
だいたい「好きかも」なんて台詞を言ったのはそのときが最初なんだ。

その言葉を疑いながら恥丘を揉み、
クリに指をさしこもうとした止められた。
 
 
「私のこと好きでしょ?」
 
「好きだよ…。」

「はっきり言って?!」

「好き!」
 
 
クリタッチを許してくれた。
 
 
「もっと言って…ぁぁあ…っ!」

「好き!」
 
 
タオルを尻の下に敷いて、ゆっくりインサート。

穴は締まりがよく固かった。
処女膜は年とともに固くなっていくのかもしれないって思いました。

ハメようとしたら逃げるし、だいぶ時間がかかってしまった。
でもハマったら、一気に奥まで挿入!
 
 
「ひゃっ・・・やあ・・・やだあ・・・ううう!!」
 
 
苦痛に歪む顔。
いっそ麻酔すればよかったなんて思ったほどだ。
(麻酔したら快感もないと思うけど。)

タオルに薄桃色の液がこぼれてきたよ。
29歳アラサー銀行員の処女喪失の夜、そして行為が終わったあとに、
 
 
「処女、出会い系サイトで捨てようと思ったの?」

「もう30になるしいいかなって。」

「僕でよかったの?」

「私のこと好きなんでしょ?だからいいの。私のこと好きって言ってくれる人であればねw」

「恵さんも僕を好きなんでしょ?w」

「うふふw」
 
 
あのセックスの最中の甘い会話を思い出すと、
これから深く愛し合うカップルになっていくと普通思うよな。
結婚してもおかしくないとさえw

でも、その初エッチから急に冷めちゃったんです。

不思議でしょう?w
あれだけ好き好きと言っていた彼女の態度が急変!
音信不通になっちゃったんです。

あのセックスは何だったんだろうと思います。

処女を捨てる瞬間だけ相思相愛でいればよかったってことなんでしょうか?
理想的な演出のもとにロストバージンしたってことなのかな?
いずれにしても、僕がいいように使われたことは間違いないようだ。

そして僕もいい思いが出来たからまぁいいやってことだ!w
出会い系サイトをやっていればこんなこといくらでもある。

いや、処女の女の子とするのは数えるくらいしかないかなw
でも、普通に生きてたらなかなか出来るような体験じゃないから貴重な体験でしたね。

ハッピーメールは処女がどれくらい登録しているのかかなり気になりますね。

▼ピックアップ記事▼ オススメ出会い系サイトランキング

 - ハッピーメールの出会い体験談 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です