35歳ガチフリーターが出会い系体験談を生告白!

35歳ガチフリーターの僕が出会い系サイトを使って女の子とえっちな出会いを成功させた体験談を生告白します!

今週の人気記事

Sorry. No data so far.

出会い系体験談wミニスカがひらりとめくれ黒Tバックが見えた神的その瞬間!w

      2015/04/10

ハピメのミニスカ娘に強い風が吹いた瞬間

最近、ハッピーメールでの出会いを堪能している僕、敏夫です。やはり安定のPCMAX,ハピメ,ワクワクメールの3サイトです。春のそよ風が気持ちイイ中、エッチ目的お断りの女の子と出会った出会い系体験談ですw

▲管理人愛用オススメ出会い系サイト

ミニスカ履いてる女の子ってスリルを味わってるのかな?w

むこうを向いて、
ミニスカのお尻をこっちにぷりっと向けてる写真だった。

太ももが白くて細かったのを覚えてますw
スカートの中が見えそうで見えない絶妙なバックショット!
挑発するような甘ったるい目がすごく印象的なんです。
 
 
「誰かと遊びたいです。お散歩が好きなので、どこでもいいからゆっくり歩いてみたい。エッチ目的お断り!」
 
 
ハッピーメールの
琴美ちゃん20歳。葛飾区の子。

働いてるのか学生なのかは不明。
エッチ目的お断りとあるけど、うまくいけば
エッチに持ち込めるかもしれない。

僕としてはこのミニスカを見過ごすことはできない。
 
 
「琴美ちゃん僕と会いませんか?青砥駅まで行きますよwお昼ご飯たべて軽く散歩しない?w」

「OKです!明日天気だから明日がいいなw」

「じゃあ、明日のお昼12時でお願いしますwミニスカに期待してます!w」
 
 
翌日、京成青砥駅に行った。
午前中は府中に用事があったのでちょっと遠いけど、
あのミニスカに会うためなら九州だろうが北海道だろうが
どこへでも行こうと思いました。(嘘ですw)

琴美ちゃん、期待通りミニスカ。
細い脚はストッキングなしのナマ脚。

見てるだけで陰茎がカチコチになりそうw
これでエッチ目的お断りとは酷な話でしたね。
脚に自信があるからミニスカ履いてるんでだと思います。
 
 
「少し風があるけど、天気でよかったね!」

「ほんと、5月のお日様って気持ちいいねぇw」
 
 
笑顔がはじける。
明るい子だけど、ときどき上目遣いに僕を見るし、
物憂げに遠くを見たりする。

その仕草はエッチな快感に酔ってる女の顔そのもので、
妖しい魅力も感じた。でも、何となく無理してる気配も感じました。

あんまりいいお店がなくて、
駅前の中華料理屋で担々麺とビールをいただいた。
 
 
「琴美ちゃんもどう?一杯w」

「じゃあ少しだけ飲もうかなw」
 
 
ちょっとだけ口に含んでふうっと息を吐く琴美ちゃんw
 
 
「苦うまぁーw」
 
 
ニコっとして口を拭くw
5月の天気が良い午後からビールを飲むなんてかなり贅沢の極みですよね。

中華とビールを一通り堪能した後は、環七通りをひたすら歩いた。
中川が見えて、橋を渡って運動公園あたりまでとりあえず歩きました。

(手をつなごうかな。でもそんな雰囲気でもないかw)

さっきも書いたとおり、
琴美ちゃんはエッチな雰囲気を持ってるけど、
背伸びした少女って感じで、どっちかというと妹みたいなんです。

久しぶりに再会した末っ子の
妹と中華食べて散歩してるって感じw
そんなに強い性欲は沸いてこなかったんです。

でも事態は急変!!w

橋の真ん中あたりに差し掛かった瞬間、強い風が吹いてきたんです。
 
 
「きゃあっ!!」
 
 
琴美ちゃん。
さっとミニスカを押さえて
前屈みになったけど、今度は背後から風が来て、
ミニスカがひらりとめくり上がった。

おおお!w
ワンダフル&サプライズ!w

なんとTバック!?
プリっとしたナマ尻が一瞬見えました。
そのプリ尻がとてもいやらしく僕の性欲を逆立てました。

ゴクリと息を飲む。
 
 
「やだぁ・・・もう!なんでこんなに強い風が?!」
 
 
どうリアクション
すればいいのかわからないw

胸がドキドキする。
これは僕に対するメッセージなんだろうかw

私を犯して、とでも言ってるように思えたよw
 
 
「琴美ちゃん、いつもTバックなの?w」

「…うん。見えちゃった?w」

「こ、琴美ちゃん、良いお尻してたよw」

「そこまで見たの?!w」

「なんだかムラムラしちゃったよ…」

「え…?w」
 
 
興奮した僕が発する言葉はこれしかない。
ミニスカと黒のTバックを見せられて、運動公園で
ボサっとお散歩する気にはなれなかったです。

ミニスカをガードしながらゆっくり歩く琴美ちゃん。
 
 
「ごめんね、エッチはダメw」
 
 
目がまじめだった。
 
 
「でもムラムラするwエッチしたいwミニスカにTバックって…w」

「ちょっぴり刺激的なことをしてみたかっただけなの。これだけで十分、満足だからもういいの。エッチは無理!」
 
 
本当にエッチ目的お断りだったんですねw
でもミニスカTバック自体が、十分エッチなんじゃ?w

でも、ここまで言われたら
エッチは無理ですよね。

といってもお散歩だけで帰るのは寂しすぎますw
地元にエロ土産を持って帰りたいw

帰りがけ、
また橋にさしかかった時だった。

僕、我慢できずにミニスカの中に手入れて素早くお尻にタッチ!w
 
 
「きゃあっ!!」
 
 
さっき風が吹いたときと同じ声。

ぷりんとお尻の感触があったw
表面はぷにぷにしてました。
 
 
「何すんの・・・エッチ!ド変態!!」
 
  
ふくれっ面で目がマジだ…。
 
 
「ごめんwエッチ我慢したんだからw」

「ひど~いw」

「これも刺激になるんじゃないの?w」

「・・・まあ、いいけどさ…。」
 
 
青砥駅に戻ったら、
琴美ちゃんが用事を思い出したと言うから
さよならした。

もう2度と会うことはないかもしれないと
思ったら、予想通り連絡も途絶えちゃいましたよね。

出会い系サイトで会った女の子全員が全員エッチ可能ってわけじゃないのは分かるけど、なんか不発感満載な出会いだったなぁ。

まぁ、昼間からビール飲んで美味しい中華
食べたし、可愛い子とデート出来たからいいかなw

こんな風に自分の「女」を解放する
プチエッチが出会い系サイトに登録している
女の子達の間で流行っているみたいですね。

ハピメで女の子と短時間で会う約束をゲットするにはサイト内メールを極力少なくして早めにラインやカカオを聞きだすことですね。

ここに集中すればかなりポイント節約しながら女の子の連絡先をゲットできます。
そして1人の女の子に固執しない!

これがポイントですね。
それを心得ていればハッピーメールの掲示板で簡単に女の子と出会えるんじゃないかなw

▼ピックアップ記事▼ オススメ出会い系サイトランキング

 - ハッピーメールの出会い体験談 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です