35歳ガチフリーターが出会い系体験談を生告白!

35歳ガチフリーターの僕が出会い系サイトを使って女の子とえっちな出会いを成功させた体験談を生告白します!

今週の人気記事

乳揉み1分の出会い系体験談!ワクワクメールで出会ったセコイ女の子w

      2015/04/09

ワクワクメールの普通の女の子と一分乳揉み千円プレイ!

僕、敏夫は無類のおっぱい星人なんです。大きいおっぱいから小さいおっぱいまで何でもこい!って感じで好きなんです。おっぱいを揉んでるときに生きてるって実感しちゃいますねwかなりヤバイ部類ですwそんなワクワクメールの出会い系体験談です。

▲管理人愛用オススメ出会い系サイト

見た目は普通なのにやることはセコイ女w

ワクワクメールで見つけた佳澄ちゃん。
どこにでもいそうな普通の子だった。
学生なのか勤め人なのかよくわからないけど、
23歳であることはわかってる。

どことなく暗い感じがしたけど、
こっちの欲求をすぐに受け入れてくれそうな包容力みたいなものを感じたんです。
ストレートの黒髪も魅力的だったしw
オタク気質な見た目がなんか他人な気がしなくてw
 
 
「遊びましょう☆短い時間でよかったらw詳細はメールでw」
 
 
これは割り切り希望と見たw
普通の子だけど、普通だけに金欠病に
罹っているようにも見えなくもない。
 
 
「ぜひ遊びましょうw僕、ガチフリーターだけどお金は持ってるよ。
サポしてあげようか?w僕、趣味はオナニー。集めたオナホールは10穴。すごいっしょw」
 
 

35歳にもなって書く文章じゃないけど、これで返信来たら自分への自信に繋がるw

 
 
「すごい趣味ですねwちょうどいいかもしんないw私を使ってオナニーしてw」

「ノリいいねw割り切りさせてくるの?w」

「割り切りはしない、私の商売はね、服の上からおっぱい揉み一分千円wどうする?2分で2千円。それ以上は禁止。最近の客は50代のすけべオヤジ。荒川の河川敷で2分間揉まれたわw」

「それで別れたの?w」

「うんwもちろんw」

「男はそれで満足したのかな?wその続きを要求しなかった?セックスさせてくれたらプラス3万とか何とかさw」

「言われたよw下半身さわりたいって。でも断ったw乱暴したら小松川警察署に行くって言ったし。そしたら消えたw」

「そうなんだw」

「じゃあ、どうする?w」

「私を使ってオナニーしてってどういう意味なの?w」

「胸のこと思いだしながらオナッてってことw」

「ナマチチだめ?w」

「無理ww」
 
 
お金払うけど割り切りじゃない。
おっぱい揉んで終り。しかも服の上から。

これで僕は満足できるのだろうか?w
オナニーのおかずにできなくはないけど、
出会い系エッチ体験がだんだん豊かになってきた僕にとって、
女性のおっぱいなんてとくに珍しいものじゃなくなった。

このプレイは小心者の童貞君むけだろうなw
何分間か必死に乳揉んだあと、駅のトイレにかけこんでオナニーみたいな、いたいけな少年くん向けだ。

どうしようw
 
 
「どこで会えるの?w」

「JR平井駅前。そこから荒川の河川敷まで車で行く。私の車w」

「平井じゃないとだめなの?w」

「私の地元だもんw遠出するとコストかかるからダメw」
 
 
けっきょく会うことにしたよ。
何事も経験だからな。
何かの話のネタくらいにはなるだろうw

江戸川区の平井駅まで電車で行きましたw
川口から秋葉原経由で総武線各駅停車で案外遠かったです。

駅に着いたら佳澄ちゃんが
ハザードした車の中で待ってた。

荒川河川敷に行くのは、人目を避けるため。
さすがに人通りが多いところでのパイ揉みはマズイw
すぐに河川敷に着いた。
 
 
「この辺ね、夜になるとカーセックスする人が多いw」

「そうなんだw」

「ほら、ところどころ丸めたティッシュが落ちてるでしょ?w」

「やったあとの性処理のゴミかw」

「そうそうw」

「妄想をかきたてられるなぁw」
 
 
ゆっくり停車すると、
佳澄ちゃんがシートベルト外した。
 
 
「何分揉む?w」
 
 
といきなり聞いてくる。

ドキっしちゃったw

たかが乳揉みと軽く考えてたけど、
いざその時をむかえると興奮するもんですね。

「何分揉む?」って忌憚のない軽い言い方が、
ストレートに男の性にせまるんですわw
 
 
「と、とりあえず1分w」
 
 
佳澄ちゃんがタイマーセット。
 
 
「じゃあ、どうぞw」
 
 
半身をこっちに向け、
髪をかきあげる佳澄ちゃん。
春のまぶしい光が、黒い髪を少し栗毛色に変えた。

デニムのシャツ。
ごく普通の胸のふくらみ。

山に両手をあてて、
円をかくように揉んでやったw

柔らかいけど弾力のあるおっぱいだった。
回すうちに、乳首が勃ってくるのが分かる。
手のひらのほぼ真ん中に、そのぴんとした突起物を感じる。
 
 
「はぁ・・・・あン・・・キモチィ…」

「気持ちいい?おっぱい気持ちいいの?w」

「オッパイ・・キモ・・チ・・イイ・・・あんッ!」
 
 
ニュッと握って、強く揉みしだく。

乳首を探してつまんだりした。
 
 
「えっちぃ?ん・・それダメェ・・濡れちゃう…」
 
 
タイマーのブザーが鳴った。
 
 
「終りだけど・・・どうする?追加オーダー?w」

「あ、あと1分w」
 
 
プレイ再開。
1分間は短いってことを生まれて初めて知った気がします。

この1分で楽しめる揉み方とは何か。
自分の性欲と相談しながらおっぱいに真剣に向き合う一分間。
 
 
「上手・・・いぁやあん・・・ダメぇ・・・気持ちイイ…」
 
 
ブザーが鳴って終了w
 
 
「これから先、私の身体に触れたら小松川警察署だからねw」

「・・・・・・w」

「駅まで送るねw」
 
 
僕、ぼーっとした頭で考えたw
1分という絶妙な短時間だからこそ、
おっぱいの魅力を味わい尽くせると思った。

もっと揉みたい。できれば生乳にふれたい。
こう思ったところで止めるからこそ、おっぱいっていいなあって思うですw

嗚呼…おっぱいっていいなぁ!w

駅で下ろされた後、
駅のトイレに駆け込んで即オナニーしちゃいましたw

そんな僕、敏夫は小心者のいたいけなボーイ同然ですw

ワクワクメールの掲示板にはほんといろんな出会いを求める女の子がたくさん登録してますね。佳澄ちゃんなんて見た目はほんと普通の女の子でしたからね。

▼ピックアップ記事▼ オススメ出会い系サイトランキング

 - ワクワクメールの出会い体験談 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です