35歳ガチフリーターが出会い系体験談を生告白!

35歳ガチフリーターの僕が出会い系サイトを使って女の子とえっちな出会いを成功させた体験談を生告白します!

今週の人気記事

Sorry. No data so far.

ワクワクメールで見つけたフツーの人妻のスゴイ性欲に唖然w

      2015/04/05

ワクワクメールで見つけたフツーの人妻のスゴイ性欲

出会い系サイトに登録している人妻の性欲はまさにモンスター級ですw考えてみて下さい。結婚しているのに出会いを求める理由ってひとつですよねw性欲を発散させる為に人妻は登録しているんです。大抵の人妻は割り切り目的だと思いますよw旦那にバレないようにあの手この手を使って出会い系サイトを楽しんでいるんです。

▲管理人愛用オススメ出会い系サイト

人妻って性欲溜まりすぎてね?w

仕事終わりに何気なくワクワクメールにログインしたときでした。
人妻から誘いが来てたんだw
予想外の展開にびっくりしたよw

こんなガチフリーターの僕は、これといった女性に出会えなくて寂しい思いをしてた矢先だったから、
その誘いは非常に嬉しかった。
 
 
「私と遊びませんか。楽しいことしましょ。羽を伸ばしましょうw」
 
 
屋外で写した写真だったな。
バックに街路樹が写ってる。

ワクワクメールの雅子さん33歳。
とくに美人でもなく不美人でもない、ごく普通の人妻だ。
その辺のショッピングモールの生鮮食品売場あたりに行けば、
似たような奥様はたくさんいそう。
フードコートで子どもといっしょにたこ焼き食べてそう。

その日常性に惹かれちゃったw

出会い系の女性というと、やたら派手でどスケベだっていう印象があるし、
事実そんな女性が多いんだけど、雅子さんにはそんなところっがまったくなかったな。
何のために俺を誘ったんだろう、って考えてみたくなるほど。
何か別の目的があるんじゃないかって。
保険や宗教の勧誘とかね。
 
 
「遊びましょうw」
 
 
って、本気なんだろうか。
雅子さんの真面目そうな顔に似合わない。

とりあえず会うことにしたよ。

雅子さんが指定してきた日は平日だったけど、無職の俺には平日も休日もない。
お互い下町だったから、浅草の雷門で待ち合わせることにした。
ぶらっと散歩して、お茶飲んで何するか考えよう。

待ち合わせ場所にきた雅子さん、普通のワンピース姿だった。
日傘さしてたからすぐにわからなかったけど、

薄くて赤い唇が
 
 
「こんにちわ!」
 
 
と言った気がして、雅子さんですか?と聞いたら
 
 
「はいw」
 
 
と小声で答えた。笑顔が5月の陽にまぶしい。

断片的な会話を交わしながら、雑踏の中を歩く。
時とともに、今までシークレットだった人妻のにおいが立ちこめてくる。
熟した女の魅力が、電波のように飛んでくる。
どきどきする。
 
 

「敏夫さん、何してる人?」

「いろいろあってフリーターですw」

「それは大変ですね。」

「毎日寂しいですよw」

「いい機会だから趣味に打ち込むとか。趣味とかあるの?」

「趣味は、オナニーですw」

「やだぁ・・・もうw」

 
 
でも嫌な顔はしなかったよ。
むしろこの一言がお互いの距離を短くした。
 
 

「ね、腕くんでいいかしら」

「は、はいw」

 
 
日傘を閉じて腕をくんできた。汗混じりのしっとりした人妻の腕がからみつく。

何て心地よい感触でしょう!

これは現実だろうか。
僕、夢見てるんじゃないだろうか。
僕みたいなガチフリーターのダメ男がこんないい目にあっていいの?

 
 
「雅子さん、ほんとに僕でいいんですかw」

「誰でもいいのよ。私をいやしてくれる人なら。ねえ、何して遊ぶ?」
 
 

はちきれんばかりに胸を高鳴らせ、すこしどもりながら勇気を出してこう言った。
 
 

「ラ、ラ、ラブホテルとかw」

「ホテルか・・・ま、それでもいいかなw」

 
 
とつんとした表情で、無関心な言い方。
髪の毛のいいにおいが鼻にただよったよ。チ○ポが固くなった。w

こういう人妻が増えてるのかもしれない。誰でもいい。
とにかく若い男と危ないセックスをしてみたい。
持て余した性欲を満たしたい。
生鮮食品売場にいる奥様たちが、みんな性欲のカタマリに見えてくる。

 
 
「そう・・・そこ。そこ。そこ・・・上手。あんッ!」
 
 

シャワーのあと、ベッドでクリトリスを舐めさせられた。
舐めてほしいところがあるの、と言われてクンニを要求してきた。
人妻の勃起したクリトリスは、まるで生き物だった。
勝手にヒクヒク動いてる気がした。

 
 
「ウウウゥッ・・・あァァッ」

「雅子さん、おっぱい触りたい。触りたいw」

「触っていいけど、クリも触ってててねw」
 
 

狂ったように乳揉みながら、指先でクリトリスをこねた。
ほとばしるように愛液があふれてくる。
欲情した人妻の下半身はすごいぞ。
人妻のマ○コは生き物だ。

 
 
「挿れたい。挿れたいw」

「ゴムお願いね・・・」
 
 

コンドームはオナニーのときに使ってるから慣れてる。
今では暗闇でもほぼ完璧に装着できる。
「コンドーム装着検定」みたいなものがあったら一発で一級合格だろうな。
あっという間に装着して、インサートした。

 
 
「あぁ!イ、イヤ・・・アァァッ!」
 
 

人妻の絶妙な締め付けに耐えながら、元気にピストン。
人妻のマ○コも生き物だけど、俺のチ○ポも生き物だ。
ズコズコピストンすると、嬉しがってますます勃起する。

 
 
「アウウッッッッ!」
 
 
 
シーツを鷲掴みにして、体を弓なりにする雅子さん。
その瞬間膣がぎゅうううっと締まって、耐えられずに出しちゃった。
 
 
「イっちゃったわ・・・」
 
 
これから雅子さんと交際することになると思うとゾクゾクしたよ。
でもそれから連絡が途絶えた。メールしても返事がなくて、事実上消滅しちゃった。

 
 
「誰でもいい」
 
 

って言葉を思い出したよ。

きっと他の誰かとセックスを楽しんでるんだろうな。
ちょっとショックだったけど、無職の俺でもこんな体験ができるんだから、
出会い系ってやっぱりスゴい。

やめられません。

ワクワクメールで人妻に会う時は性欲満タンで出会いましょう!w
骨の髄までしゃぶられちゃいますよw

▼ピックアップ記事▼ オススメ出会い系サイトランキング

 - ワクワクメールの出会い体験談 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です