35歳ガチフリーターが出会い系体験談を生告白!

35歳ガチフリーターの僕が出会い系サイトを使って女の子とえっちな出会いを成功させた体験談を生告白します!

今週の人気記事

Sorry. No data so far.

豆乳首がいやらしいw車の中でペチャパイ見せてくれたハッピーメールのお姉さんw

      2015/04/05

車の中でペチャパイ見せてくれたハピメのお姉さん

親戚との用事で福岡に行ったときの出会い系体験談w東京の女の子だけではなく、地方の女の子との出会いも簡単にできちゃう出会い系サイトwすぐログインできるように自分のスマホのホーム画面には出会い系サイトのアイコンがずらーっと並んでいますw

▲管理人愛用オススメ出会い系サイト

福岡のど田舎で貧乳おっぱいを堪能!!w

こんな田舎で女の子に会えるとは思わなかった。
親戚に会いに福岡にいったときの出会い系体験談であるw

福岡県の朝倉市。
久しぶりの福岡。
親戚との用事は1日だけなのであとの時間は自由行動w

とりあえずは骨休め。
出会い系で女の子でも探して遊ぼう!

でもここは東京じゃない。
こんなところに女の子が入るんだろうか。
いないなら、いないでいいやって軽い気持ちでハピメで探した。

それがいたんだ。
かおりさん27歳。
地元の人。

小顔でキュートな感じだけど、一重瞼で日本的な顔してる。
 
 
「誰か素敵な人に出会いたいです。誰か会ってくれる方いませんか?」
 
 
田舎だから、いい男もいないのかもしれない。
27歳だからそろそろいい歳だ。
相手さがして見つからず、苦肉の策で出会い系に登録したか。

 
 
「僕でよかったら会いましょう。東京から旅行がてら遊びに来てます。楽しい思い出作りたいですw」

「東京の男性ですか。是非会いたいな。明日の日曜日、甘木インターチェンジあたりでどうですか。そこまでバスで行きます!」
 
 

ちょっと離れてるけど車で行けばすぐだと思った。
従兄弟から借りた軽自動車でプチドライブw

しかし田舎だなあ。
運転しながらそう思ったよ。
こんな田舎で僕に会ってくれるかおりさんは、だだっ広い田舎道に咲く一本の花だ。

インターチェンジの駐車場に着くと、
ハンドバッグをぷらぷら揺らしながら空を見てる細身の女性を見つけた。
たぶんかおりさんだろう。

軽くクラクション鳴らしたら、走ってきた。
パワーウインドウを上げる。

 
 
「こんにちは、初めましてw」

 
 
と笑顔の花が開く。

 
 
「待ちました?」

「バス遅れたけん、10分くらいw」

「乗ってください、とりあえずw」

 
 
照れくさそうな横顔。
細い脚がセクシーに見えたな。
田舎の女性はみんな脚が太いんじゃないかっていう偏見があったから、
よけいにそそられる。

(触りたいなあ。でもいきなり脚触るのってどうよ・・・やばいじゃん)
スケベな妄想抱きながらインターチェンジを離れた。
 
 
「これからどこに行きますか?w」

「どこでもよかよw会えたけん、そんだけで嬉しかw」
 
 
う~ん、女の子の方言てなんでこんなに可愛く思えるんだろうw
東京にいると方言を聞く機会もないから余計なのかな?

でもどこでもよか、と言われてもな。
周りには田畑しかねえぞ。

脚が気になる。
脚が気になると、胸も気になる。
細い脚にそそられると、薄い胸もやたら魅力的に見えちゃうものですね!

 
 
「かおりさん、エッチ好きですか?w」
 
 
出会い系サイトで出会った女の子にしかこんな唐突には聞けないですけどねw

露骨に聞いてしまったw
彼女の性向をためすテストのつもりだった。
反応によっては、今日はカラオケで終わりだな。

 
 
「やだぁ・・もう。なんでそげんこと聞くと?w」
 
 

ややふくれっ面だけど、ひるんではいない。
横顔は淡々としてる。
 
 
「好き?w」

「好きか嫌いかと言われたら好き、かなw」
 
 
 
こりゃ行ける。
今日エッチできるかもしれない。

車をさらに田舎方面に向けた。
なるべく人気のない場所に行きたかった。
頭の中では、エッチな妄想とたくらみでいっぱいだったよ。

雑木林の横に停車した。
周りにいるのはカラスかトンビくらいのものだ。

 
 
「どげんしたと?w」

「お願いがあるw」

「わかっとる。ここでエッチしようと思いよるとやろ。いかんよw」
 
 

と含み笑い。子供をあやすような指導的な目だった。
かおりさんも意外とエッチじゃないか。
カーセックスの経験あんのかな。

でも僕のたくらみはちと違った。

 
 
「ここでエッチか。それは考えなかったなw」

「じゃあ何?w」

「おっぱい見せてもらいたくてw」

「ええ?・・・」

「ちょっとだけ、ちょっと・・・」

 
 
合掌して頼み込む。

 
 
「私の胸小さいかよ。こげん胸が見たかとねw」

「見たい見たい見たいw」

「じゃあ、ちょっとだけねw」

 
 
シャツをたくし上げて、黄色いブラをはずした。
バスト73センチ程度のペチャパイが現れた。
平べったいけど、乳首は太かったのを覚えてる。
ピンと起った豆乳首がとてもいやらしいw

 
 
「いいなあ・・・きれいだなあw」
 
 

胸がドキドキしてくる。
ちんちんも膨らんでくる。

思わず乳首に吸いつきました!
かおりさんあわてて胸を守ったけど、吸いついた口はそう簡単には離れん。

 
 
「アァ・・・ダメエ・・・ハア・・」
 
 

ペチャパイは感じやすいと言うけど、本当なんだな。
しばらく揉んだり、舐めたり、吸ったり、かんだりした。

ピチャピチャとスケベな音が車の中に響く。

 
 
「ああッ、あッ・・・もうだめえ。したか、したかw」
 
 

どうやらかおりさんの「女」を刺激してしまったみたいだ。
我慢できなくなったみたいだ。

僕、さっとおっぱいから離れて、エンジンかけた。

 
 
「ホテル行こう。今からw」

「・・・・うんw」
 
 

ブラで胸を隠しながら小声で答えた。

ようし、これでエッチできるぞ!
 
僕、勃起したままエンジンかけて発進したよw
二人の欲情が消えんうちにベッドインせにゃいかんw

ブオーーっとアクセル踏んだら、カラスが一羽バサバサ飛び上がった。

ハッピーメールを使えば地方の女の子とも簡単に出会いが出来ちゃいますねw
かなり重宝できますよw

▼ピックアップ記事▼ オススメ出会い系サイトランキング

 - ハッピーメールの出会い体験談 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です