35歳ガチフリーターが出会い系体験談を生告白!

35歳ガチフリーターの僕が出会い系サイトを使って女の子とえっちな出会いを成功させた体験談を生告白します!

今週の人気記事

Sorry. No data so far.

ハッピーメールで25歳の巨乳エロOLをゲットて即モミモミ!

      2015/04/03

ハピメで25歳の巨乳エロOLをゲットて即モミモミ!

みなさんは春になるとどんなことをしたくなりますか?僕は春になると無性に性欲が溜まりますwそれは毎年同じなんですけど、何がそうさせるのか分かりません。理由も分からず1日中ムラムラしちゃっていますw

▲管理人愛用オススメ出会い系サイト

OLさんの大きなおっぱいを揉みしだいた春!w

『春』

いのちが活気づく季節です。
花が萌える季節。
性欲の季節!

毎日モンモンとしてて、
女の子がほしくてたまらない。

誰か素敵な女の子いないかな?
出会い系サイトを朝チェックして、
会社から帰ったら深夜までチェックする日々。

頭の中は女の子のことばかり。w
アラサー・アラフォーだというのに僕のアソコは元気真っ盛り!

毎年、春になると
女性を欲するこの気持ち、どうにかしないとなぁと思っていますw

そして、ちょっとしたことで勃起したりするこの性欲の強さ…。
ああ、女の子ほしい!w

「おお、これは!」

思わず声だして画面に顔を近づけた。

上半身しか写ってないけど、
むっちりした体とスケベそうな目線。

頭の中は男ことばかり的な女子だった。
セミロングの髪がとってもセクシーで、リップグロスの唇がたまんない。
たちまちボッキ!画面にむかってキス!w
 
「会社にいる以外はヒマしてます。誰かと刺激的なことして遊びたいな。ハメはずしたいな。春だもんね」
 
ハッピーメールにそんな掲示出してたのは愛花さん25歳。

職業はOLさんみたいだ。
この子しかいない!
ぜったいこの子をゲットするぞ!
勃起チ○ポを弄りながらメッセージ書きましたよ。
 
「●●近辺に住んでます。会社帰りなら都内でも会えますよ。といってもあした土曜日だね。僕でよかったらどこにでも行きます!」
 
そしたらものの30分くらいで返事が来た。
 
「私は川越なんです。結構近いよね?うれし~。敏夫さんと会いたいな。●●付近まで行くよ!ところで●●ってどんなとこ?」
 
「愛花さんと僕だけの世界だよ。二人っきりのw」

こんな冗談を織り交ぜつつ会話を進める。
 
「素敵なメッセージありがとう!楽しみ~!w」
 
翌日の土曜日、
JR●●駅の改札口で待ち合わせしました。

もう、ドキドキだったな。
毎回、思うけど出会い系サイトでの待ち合わせする時のあのドキドキ感は
きっと脳内からアドレナリンが放出しまくっていてそれが中毒性あるんじゃないのかと思ってしまうw

出会い系で知り合った女の子とデートするのは
初めてじゃないけど、愛花さんはなんか特別だ、エロっぽいし、むっちりしたイイ女だし。

それを考えただけで勃起しそうw

改札出て待ってたら、いきなり彼女が目の前に登場!
 
「わっ!」
 
と僕をびっくりさせるように立ちはだかる。
 
「ま、愛花さん?びっくりしたなもう…」
 
「すぐそこにいたんだよ・・・気づいてくれないから悲しいw」
 
少しふくれっ面。
改札の向こうばかり気にしてたからわからなかったんだな。
”愛花さんもと暗し”といったところか。

そして、愛花さんを改めて見た。
 
ちょっと待って。
これ、なに?
ちょっと待ってよ。
 
目が釘付け。
セクシーなワンピの胸がぱーんと張ってるんだ。
なんと、愛花さん巨乳!

かなり豊満なおっぱいだったんです!w

歩きながら話してても、目は自然とおっぱいに。
愛花さんも俺のスケベ視線を意識してるのか、ときどき胸に手を当てたりする。
 
「それでさ、この前観た映画がね?」
 
なんて話題を提供しながら、なにげに胸を隠すんだ。
可愛いし、セクシー。OH!w

それからお茶して、街の中をぶらぶらした。
 
「映画でも観ようか?」
 
と愛花さん。

僕は映画なんか観たくない。

僕は愛花さんのおっぱいがほしい。今すぐほしいw

そればっかり考えていました。

だから思い切って言ってみることにしたんです。
本当に賭けでしたよねw

もしダメだったら怒って帰らせちゃうことになるかも…
そんな不安がありましたが、勇気を振り絞りきいちゃいましたw
 
 
「僕ね、愛花さんのおっぱいがほしい!」
 
「やだぁ・・・なんてこと言うの?昼間っからw」
 
「おっぱいに昼も夜もないよw」
 
「きゃはは・・おもしろw」
 
「ねえ、おっぱいほしいw」
 
 
すると愛花さんの目もトローンとしてきて、
俺に身を寄せてきたんだ。これ、エッチOKのサインかな?
 
 
「ホテル行きたい!w」
 
 
と耳元でささやいたら、コクリとうなずいてくれた。

某有名なホテル街。
最初に見つけたラブホに見事にチェックインしちゃいましたw

部屋に入ってすぐに抱きしめて
キスしたら盛り上がっちゃってベッドイン。

さっそく巨乳ちゃんをいただいちゃいましたw
プルンとしたデカ乳をモミモミしながら、大きな乳輪とぴ~んと勃った乳首をピチャピチャ舐めた。
 
「アァっ! あッ・・・あんッ!」
 
もう頭の中が真っ白です。
それからどうなったのかよく覚えてません。

長い時間かけておっぱいを満喫したあと、
今度はマ○コを舐めまくったと思う。しっとり潤ったマ○コは、春の花の匂いがしたよ。菜の花みたいなw

気がついたら、正常位でセックスしてた。
慌ててたからコンドーム半分くらいしか付けてなかったけど構わず挿入した記憶があるw
 
「ウウウゥッ・・・あァァッ」
 
おっぱいモミモミしながら、気持ちよく射精しました。w
 
「昼間っからこんなことしてエッチだねぇw」
 
なんて愛花さんが苦笑。
 
「セックスに昼も夜も関係ないと思うよ?w」
 
と言っておっぱいつかんだ。
 
「あんッ!」
 
巨乳が揺れる春の午後でしたw

こんな出会いが出来ちゃうのって
出会い系サイトを知り尽くした限りある人だけだと思います。
使う出会い系サイトをまずは見極めないといけないし、出会い系サイトを見極めたあとは出会う女の子を見極めないといけません。

女の子を見極める目を養うのはやっぱり数をこなすしかないんですよね。
PCMAXやハピメ、ワクワクメールをローテーションで使いこなしてる僕だからこその女の子を選ぶ基準があります。

これはまた、出会い系サイト攻略編なんかで詳しく書こうかなと思います。
春早々、柔らかくて大きなおっぱいを堪能しちゃいましたw

ハッピーメールの出会い掲示板は本当に使えますね。
 

▼ピックアップ記事▼ オススメ出会い系サイトランキング

 - ハッピーメールの出会い体験談 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です